練馬区民合唱団の定期演奏会を聴いて その1 晴れときどきコラム



練馬区民合唱団の定期演奏会を聴いて その1

平成21年2月15日(日) 練馬文化センター大ホールにて

第17回 定期演奏会を聴いてきた。
1500近い座席がほぼ埋まっている。
大盛況だ。

練馬区民合唱団のコーラスは初めて聴く。
100人以上の大所帯で、混声でもあり迫力がある。

私自身は昨年2月、ひょんなことから女声合唱団に入団し
週一回、メゾのパートを歌っている。
歌っているといってもただ大きな声を出していると言った程度で
歌曲用の発声の何たるかも全く分かっていないド素人なのである。

正直言って、
合唱とはどのようなものか
声を合わせるとはどういうことか
メゾの役目は・・・と、頭の中は「???」だらけ・・・。
自分が声を出しているときは、楽譜を追うので精一杯で
客観視できない。
そこで他合唱団の演奏会を聴きに行った次第。


指揮者は明るくダンディな長井則文氏

第1部は、ラインベルガーのミサ曲
ドイツ語の響きが重なりあって美しい。
4曲のメローディラインの多様さに惹きこまれた。

第2部は、メンデルスゾーンの「詩篇」より4曲
ソプラノ・テノール・バリトンがはいる。
ドイツ語が続く。
美しいのだが・・・2部の半ばぐらいになってくると
そろそろ意味の分かる歌を聴きたくなってくる。そう、日本語の歌を。
外国曲を聴きなれていないので仕方がない。
合唱の構成ってこれが当たりまえなだろうのか
いや、団の個性だろうな。

第3部は、女声だけの合唱組曲「若き日のうた」より
若山牧水の詩に、指揮者長井氏が曲をつけたもので
「ヴォーチェ・のべおか」との混声合唱。
たおやかな曲調で美しい。が・・・
2部がガラッと違う感じの曲だったら、もっと生きただろうな。

響きやメロディライン、表現力だけでどこまでひっぱれるか・・・
構成って大事。

第4部は世界コーラス巡り
これはくだけた雰囲気で、音楽の旅に出るという仕掛けになっていて
楽しかった。
日本語・英語・イタリア語・ドイツ語と、それぞれの面白さがあり
次への期待感が続いた。

上品に歌った1・2・3部と、自由な雰囲気をだした4部とで変化をつけたのは
よくわかったが、1・2・3部のメリハリがあれば、より完璧だっただろうなと思った。

さてその中で、度肝を抜いてくれた「ヴォーチェ・のべおか」のことは、その2で書こうと思う・・・・♪

練馬区民合唱団の皆様お疲れ様でした。素晴らしい合唱有難うございました。