セミナー「うつは薬じゃ治らない!」その1 晴れときどきコラム



セミナー「うつは薬じゃ治らない!」その1

平成21年 3月1日 北とぴあにて
講師 “薬を使わない精神医師” 宮島賢也
聞き手 恋愛セラピスト 吾妻靖史


最近、「うつで薬を飲んでる」あるいは「飲んでいた」という人が
私の周りに増えた。はっきり話してくれた人だけで5人はいる。
・・・隠している人を含めると、どれだけの人が・・・と思う。
そのことを隠さずに話題にできるようになっただけでも
時代の認識が変わってきたように感じるが
本人達はやはり苦しんでいる。
中には薬漬けになり、そのことでさらに苦しんでいる人もいるのだ。

そういう人に接することが多くなった。
私自身はうつと診断されたことはないが
数年前それに近い状態だったことがある。
打ち込むことが出来る趣味が見つかり、深刻な状態にはならなかったが
自分の考え方の傾向・癖を変更したわけではないので
環境や状況の変化によっては、なる可能性だってあるのだ。
誰でもいつなってもおかしくない・・・
これは、身近な問題と思い参加を決めた。

講座を知ったきっかけは、吾妻靖史氏のメルマガだった。
100名を越す参加者。女性:男性比は、85:15くらい。

講師の宮島賢也氏の自己紹介。
「自分は人の話を聞く力の無い家で育った」という。
外来医師をやっているうちにうつになり、その後、家庭医をめざし
やがて、薬を飲み始めたそうだ。さらに精神科医に転身する。
今の日本の精神科医の現状は 薬の研究をした人が指導者として残っている為
薬処方中心でカウンセリングは少ないらしい。
宮島氏は自身の経験から、薬を使わない治療法を模索し
実践している。

まず初っ端で、衝撃を受けた言葉が
「うつは存在しない」というものだった。
うつという言葉を使うと問題がぼやけてしまう、とも言う。

そもそもうつとは、「脳内のセロトニンが減った状態」らしいが
その減る最初の原因はストレスらしい。
つまり睡眠薬や安定剤で症状を抑えても
もともとのストレスを解決しない限り、薬から抜け出せないということ。

だから【1】食事方法
   【2】考え方(特に自分を責める考え方の癖)
   【3】ストレスフルな人間関係
を見直そうというスタンス。

【周りの目を自分のやりたい事以上に大切にしてしまう】
       【しなくてはならない】
            ↓
            ↓
            ↓
      【自分の感じ方を大事にする】
        【やりたいからやる】

この変化遂げるまで、だいたい半年だそうだ。

その詳細は、次記事で・・・     (続く)